嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

過去のパンフレットの巻頭言です。その1

中学受験に、お金を使いすぎてはいませんか?

 受験にお金をたくさん使うことで、「苦しいけどがんばっている」と満足していませんか?
 親は、どんなに苦しい思いをしても、子どものことを支えてあげたいと思うものです。しかし、それこそが高い料金の塾につけこまれる原因となっています。その結果が納得のいくものになれればいいのですが、塾からは放ったらかしで、イライラのたまる、お金を使うばかりの後悔の残る中学受験をしてしまいそうになっていませんか?

 参考までに、嚮心塾での受験で、受験生がこの6月から来年の1月に受験をするまでの費用を計算してみましょう。
6月初めから1月末までの8ヶ月間で
入塾金20000円…①
月謝 33000円(通常月)×4+36000円(7,8,12,1,月)×4=276000円…②
合計(①+②)29万6000円となります。(平均で、月に37000円です)

 一ヶ月あたりとしては、高いように思われるかもしれませんが、この他には教材費、夏期講習費、冬期講習費などは一切かかりません。(模試は各自でお申し込み頂いておりますので、実費がかかります。)
塾によっては、6年生の夏期講習費だけで20万円弱ほどするところが多いです。また夏期の合宿で十万円前後というところもあります。それを考えれば決して安いとは言えないものの、比較的納得のいく金額なのではないでしょうか。

 もちろん、大切なお子さんの大切な一回きりの受験ですから、お金に糸目をかけず、後悔のない受験をさせてあげたいと思うのが親心であると思います。特に中学受験では、この傾向が強くなります。しかし問題は、

「お金をかければ本当に質の高い受験ができるのか。」

ということです。

 たとえば講師の質という観点からみると、いわゆる大手の個別指導塾では指導歴の長い講師を雇う事はできません。単純に考えて、生徒に一対一で講師をそろえる、あるいは少人数授業で教師をそろえる、というためには講師の頭数をそろえねばならない分、一人一人に高い給料を講師に払うわけにはいかなくなります。大手であれば、大教室での大人数授業にて、初めて質の高い講師を高給で確保する事が出来るわけです。
個人経営の個別指導塾だからこそできる、高い指導の質とリーズナブルな月謝の両立。同じ受験生でも一人一人の勉強の進み具合に合わせて練られる個別のカリキュラムと、それがうまくいっているかどうかの絶えざる見直し。それが嚮心塾での受験であるとお考え頂ければ、正しいのではないかと思います。

 なぜ嚮心塾ではこのような料金設定をしているのか。それは、実際には、中学受験が終わってからがお子さんにとっては本当に大変であると考えているからです。公立の小学校とは違い、私立の中学校は小学校終了時点で勉強のレベルが近い子達が集まるわけですから、中学入学後にさぼってしまえば、結局それ以上のびる事はなくなります。実際に僕が家庭教師をしていた頃にも、中学受験に全力をささげすぎて、入学後に「燃え尽き症候群」のように、なってしまい、せっかく入った中学をやめてしまうという例も見受けられたのです。
 教育とは、勉強習慣、生活習慣、思考習慣の改善です。勉強への悪い取り組み方とは、言ってみれば生活習慣病ですから、それは短期間に改善出来るものでは決してありません。だからこそ、ねばり強く丹念に改善を続けていくことと、それが持続可能なコストであることが必要であるのです。(嚮心塾では中学入学後も引き続き塾に通い続けていただくご家庭も多いです(非受験学年は24000円/月~となっております))。受験生の一年間にバカ高い金額をとる塾は、「火事場泥棒」的なのですが、しかし残念ながら、そのような「火事場泥棒」にがんばってお金を払うことを「親の愛情」だと親御さんが思いがちであることが、そのような「火事場泥棒」がはびこる原因であるように思います。

 このように書くのも、他の塾への批判だけではなく、自分自身への反省も込めてのことです。僕が家庭教師センターに登録していたとき、僕の一時間あたりの指導料金はどんどん上がり、最終的には1時間で15000円というとんでもない金額になってしまいました。このような高い料金設定にもかかわらず、仕事の紹介は切れる事がありませんでした。やはり火事場泥棒的になっていたわけです。
 そのことへの反省も含め、「良質の指導を低料金で」ということを実現するために自分でこの塾を開きました。所属していた家庭教師センターの社長さんから、「うちも塾業務をやりたいので、ぜひ塾長として働きませんか。」ともお誘いを受けたのですが、それでは「低料金」ということを実現できないと思い、お断り致した次第です。

 開塾以来、3年が経ちました。おかげさまで、気に入って通って頂いている方も多く、本当に有り難いことであると思っております。

 
 親が子どもに愛情を持ち、どんなことでもしてあげたいと思う、それは本当にすばらしいことであると思います。しかし、高いお金を無理して出すことが本当に子どもへの愛情であると言えるのでしょうか。高いお金を無理して出すことで「私、がんばっている」と思いこむのではなく、子どもにとって本当に良い教育とは何かを絶えず考え抜く姿勢こそが、大切なのではないでしょうか。
 嚮心塾では無料入塾(1週間)をいつでも受け付けております。まずは今の塾と併用で通われてみてください。違いを感じて頂きたいと思います。当塾では勧誘も引き留めも一切致しません。本当に良い塾を選び、後悔のない受験生生活を送って頂きたいからです。また、入塾を前提とされなくても現状の受験体勢に対する、セカンドオピニオンや受験相談も(1回60分3000円にて)受け付けております。お問い合わせ頂ければ、有り難いです。

※嚮心塾は中学受験以外にも、小学生、中学生、高校生、大学生、大学院受験の社会人まで、様々な目的の様々な生徒が通っている塾です。ご興味をおもちでしたら、お問い合わせ下さい。詳しくご説明致します。
     嚮心塾(きょうしんじゅく)
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する