嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

2015年度講師紹介

今年度は、3人の卒塾生の先生に塾で質問に答えていただきます。その先生方をご紹介します。

M・Y 先生(東京大学理学部数学科4年生)    水曜・木曜・日曜担当
教えられる教科:数学、物理、化学、(英語)
        ←得意      苦手→
(自己紹介)
僕はとてもテキトーな人です。ただ、数学は大好きで、ストイックなところもあります。主に理系科目を得意としています。あまり見た目は東大生らしくないと言われますが、ちゃんと勉強はしています。こんな僕ですが、よろしくお願いします。
(塾長からの紹介)
彼の偽悪的な仮面にだまされてはいけません。彼ほど、純粋でやさしい大学生はなかなかいません。塾で様々な事情で困っている生徒の話をするたびに、「僕が少しでも力になれれば…」と話してくれる、彼のその人間性を僕は高く評価しています。もちろん数学に関しては、そんじょそこらの東大生と一緒にしないでほしいと思うくらいです。数学は難しいし、奥が深いので受験を通じて苦しむことの多い教科でしょうが、それでもM先生の数学への愛とそれに対する敬虔(けいけん)さは、皆さんに数学が嫌々やるべきものでなく、愛するに足る教科であることを何度でも思い出させてくれるでしょう。


K・H 先生(慶應義塾大学医学部4年生)        月曜・土曜担当
(自己紹介)
慶應義塾大学医学部4年生です。受験生の時は化学・数学が得意でした。僕はこの塾の生徒だった時には、この塾を疑問を解消するための質問の場として活用していました。柳原先生は何でも答えてくれるので、そういう風に活用してみるのも良いと思います。僕の少ない知識が皆さんの役に立てば、と思います。これからよろしくお願いします。
(塾長からの紹介)
一浪目のK先生には、「塾に来てしっかり勉強しないと受からないよ!」と何度言っても通ってくれず、勉強もしっかりやらず、本当に苦労しました。しかし、二浪目で一念発起して見違えるように勉強をし始め、あっという間に実力を付け、しっかりと合格しました。彼のように広い関心を持ち、また自分の信念もしっかりと持っているる人に、「とりあえず勉強しろ!」という陳腐な言葉は無意味でしかない、ということを教育者として僕自身が勉強させてもらいました。入学してからもその広い関心を活かしているようで、(あとは医学さえ勉強してくれれば)頼もしい限りです。受験生の勉強したくない気持ちと、それでも頑張らねばならないと自覚する必要があることの両方をきっと理解してくれるので、是非相談してみてください。

K・S先生(慶應義塾大学文学部3年生)          金曜担当
(自己紹介)
国語と英語が好きです。ことばが好きで、ふだんは小説を書いたり短歌をつくったりしています。勉強のことは勿論、なんでも気軽に話しかけにきてください。少しでも力になれるよう一生懸命答えます。よろしくお願いします!
(塾長からの紹介)
S先生は塾に入ってきたときから、勉強はできませんでしたがとてもしっかりした生徒でした。
そして勉強の方法を掴むと、あっという間にできるようになり、最後の方は早慶しか受けないのがもったいないくらいの飛び抜けた実力になりました(そして、全て合格しました!)。そんなS先生は何事にも共感してしまう、涙もろい一面もあります。だからこそ、皆さんにとって心の支えとなれる、素晴らしい先生になってくれると思います。是非何でも相談してみてください!

以上の3人の先生方です。いずれも、ただ優秀なだけでなく、人の痛みのよくわかる先生方だと思います。率直に言って、月々2,3万円の月謝の塾で、これだけの先生方を集めることはなかなか難しいのではないか、と自負しております!是非、皆さんの苦しい受験生生活の支えとして、質問や相談をしてもらえると嬉しいです。

                               2015年4月4日 嚮心塾塾長 柳原浩紀
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する