FC2ブログ

嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

「努力」に逃げ込むな。

 今年度の入試も終わりました。結果は悲喜こもごもではありますが、どのような結果であれ、一年間の自分の努力の結果であるので、それを受け入れて次のステップへと進んでほしいと思っています。

 自分にとって辛い結果の受験になってしまえば「努力しても報われない!」とついつい思ってしまうかもしれません。しかし、受験に長く関わる以上断言できるのは、努力は必ず報われる、ということです。だからこそ長い時間勉強してもうまくいかない理由は、ある(自分にとっては取り組みやすい)努力をすることで、(自分にとっては取り組みにくい)努力からは目を背けているからであると言えるでしょう。このような受験生の場合、長い時間勉強するという「努力」は、本当に自分にとって必要なものへと目を向けてそこを苦手でも埋めていくという努力をしないがための逃避手段となってしまっているわけです。

このように受験勉強は正しくやらなければ力がつきません。そして、受験勉強において「正しい」方向とは、どれだけ自分の苦手なことから目をそらさずに埋めていこうとしていけるか、です。ここにおいては、どのように優秀な受験生であっても、受験生という不安な立場の中で正しい判断をできないまま、自己満足に陥りがちです。その結果が入試において残酷にも出てしまう、ということが多いのだと思います。
だからこそ、受験生が正しい方向の努力をできるように、嚮心塾では日々一人一人について悩み抜いて指導しています。一人一人の受験生が鍛えるべきポイントから外れていないか、仮に今外れているとしてそれをどのように納得して修正してもらえるか、ということを考え、提案をしていきます。もちろん、こちらのアドバイスを最初から全面的に取り入れられるようなお子さんであれば最短距離で勉強ができるわけですが、多くのお子さんは既に勉強してきた方法に固執したり、根拠のない俗説を信じていたり、となかなか虚心坦懐にアドバイスには従っていただけない場合が多いからこそ、生徒と僕との信頼関係の中で、どこまでは伝えうるかを絶えず測りながら、彼ら彼女らの直すべき核心へと踏み込む瞬間を準備しています。

生徒たちの現実から目をそむけるための努力を、厳しい現実へと立ち向かうための努力に変えられるように。そのためにのみ、嚮心塾は存在すると思っています。そのような研鑽の場としての嚮心塾に是非学びに来ていただけることを心待ちにしております。
                               2019年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

2019年度入試結果(確定版)

             2019年度合格実績      確定版
       
<大学受験>
(国公立大学)           
北海道大学医学部医学科           1名(進学先・第一志望)
東京医科歯科大学医学部保健衛生学科看護学専攻1名
                 
(私立大学)
北里大学医学部医学科              1名(進学先)
立教大学経済学部                1名(進学先)
青山学院大学文学部               1名(進学先)
中央大学商学部                 1名(進学先)
共立女子大学国際学部              1名(進学先)
明治薬科大学薬学部(特待合格)         1名(進学先)
埼玉医大医学部医学科              1名
岩手医科大学医学部(1次合格)         1名
東邦大学医学部(1次合格)           1名
東京医科大学医学部(1次合格)         3名
杏林大学医学部(1次合格)           1名
聖マリアンナ医大医学部(1次合格)       1名
立教大学文学部                 1名
学習院大学文学部                1名
成城大学法学部                 1名


<高卒認定試験>
全科目合格                1名

<高校入試>
立教英国学院               1名(進学先)
桐朋女子高                1名(進学先)
国学院久我山高              1名
西武文理高                1名

<中学入試>
海城中                  1名(進学先)
武蔵野大学中               1名(進学先)
桐朋中                  1名

大学受験生15名(うち国公立受験生6名、医学部受験生8名)、高校受験生2名、中学受験生2名での結果です。彼ら彼女らがこの1年を真剣に悩みながら頑張った結果ですので、どの受験生のどの結果にも誇りをもっています。
                             2019年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop