fc2ブログ

嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

「おもてなし」をしよう。

今年も国公立前期試験の結果が出ました。今年は勉強が苦手な頃から嚮心塾に通って頑張ってくれていた子たちがしっかりと合格できた年でもあり、塾としても最低限の責任は果たせたのではないか、と思っています。一方で、それでも力になれなかった子たちもいるわけで、そこには改めて自身の力のなさを痛感しています。

さて、入試で確実に合格する、というのは本当に難しいことです。今年は共通テストが極めて難しく、時間がきつかったために、思うように力を出しきれない受験生がたくさんいました。そのように理不尽な試練に遭ったとき、それでもたじろがない力を鍛えていくためにはどうしたらよいのかというのは、受験指導に携わりながら常に感じ続けている難題です。

もちろん様々なリスクヘッジのためのオプションを考えたり、という戦略面で対策できることも多いのです。しかし、そうした戦略面での指導を同じようにしていても、結局それをうまく使いこなせる子とそうでない子の違いは何なのか。そこに関しては毎年頭を痛めては必死に悩むところです。

その中で気づいたのは、結局入試において、自分が窮地に追い込まれた時、そこで踏みとどまることのできる受験生というのは、結局自分の苦手なこと、弱いことと必死に取っ組み合い、向き合ってきた子である、ということです。一人一人にとって「何が苦手か」というのは「何が得意か」と密接に結びついています。だからこそ、苦手なことを上達しようと必死にもがき苦しむ、というのはこれまでの自分自身を絶えず否定し、分裂させていこうとすることにも等しいのだと思います。そのような苦しい作業にしっかりと取り組んできた子たちこそ、「予想もしなかった試練」という外界との出会いに、必死に心を砕くことができているのでは、と考えています。

ジャック・デリダが「自分自身を分裂させることがもてなしの条件である」というように、他者に対して常に自己のアイデンティティを疑い、中断しては向き合う心の用意があることが不測の事態という外界へのしなやかさを鍛えるようです。だとすれば、受験勉強とは絶えずそのような矮小な自己を「自己」と強弁することを疑っては、自己のアイデンティティと思っていることを分裂させ、足りない部分を鍛えていく作業なのかな、と思います。

自己の欠点という外界をもてなし続けることが、不測の事態という外界をもてなす準備へとなるのでしょう。そのための場としての嚮心塾にお越しいただけることを心からお待ちしております。

                                2022年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

「努力」に逃げ込むな。

 今年度の入試も終わりました。結果は悲喜こもごもではありますが、どのような結果であれ、一年間の自分の努力の結果であるので、それを受け入れて次のステップへと進んでほしいと思っています。

 自分にとって辛い結果の受験になってしまえば「努力しても報われない!」とついつい思ってしまうかもしれません。しかし、受験に長く関わる以上断言できるのは、努力は必ず報われる、ということです。だからこそ長い時間勉強してもうまくいかない理由は、ある(自分にとっては取り組みやすい)努力をすることで、(自分にとっては取り組みにくい)努力からは目を背けているからであると言えるでしょう。このような受験生の場合、長い時間勉強するという「努力」は、本当に自分にとって必要なものへと目を向けてそこを苦手でも埋めていくという努力をしないがための逃避手段となってしまっているわけです。

このように受験勉強は正しくやらなければ力がつきません。そして、受験勉強において「正しい」方向とは、どれだけ自分の苦手なことから目をそらさずに埋めていこうとしていけるか、です。ここにおいては、どのように優秀な受験生であっても、受験生という不安な立場の中で正しい判断をできないまま、自己満足に陥りがちです。その結果が入試において残酷にも出てしまう、ということが多いのだと思います。
だからこそ、受験生が正しい方向の努力をできるように、嚮心塾では日々一人一人について悩み抜いて指導しています。一人一人の受験生が鍛えるべきポイントから外れていないか、仮に今外れているとしてそれをどのように納得して修正してもらえるか、ということを考え、提案をしていきます。もちろん、こちらのアドバイスを最初から全面的に取り入れられるようなお子さんであれば最短距離で勉強ができるわけですが、多くのお子さんは既に勉強してきた方法に固執したり、根拠のない俗説を信じていたり、となかなか虚心坦懐にアドバイスには従っていただけない場合が多いからこそ、生徒と僕との信頼関係の中で、どこまでは伝えうるかを絶えず測りながら、彼ら彼女らの直すべき核心へと踏み込む瞬間を準備しています。

生徒たちの現実から目をそむけるための努力を、厳しい現実へと立ち向かうための努力に変えられるように。そのためにのみ、嚮心塾は存在すると思っています。そのような研鑽の場としての嚮心塾に是非学びに来ていただけることを心待ちにしております。
                               2019年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop