fc2ブログ

嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

はじめまして。

東京の西荻窪で小さな学習塾をしております。今までインターネットには手が回っていなかったのですが、これからは、日々のこと、塾のこと、教育のこと、読書のことなどを不定期で書いていきたいと思います。興味を持っていただけるとうれしいです。また、お悩みのことがありましたら受験のことでもそれ以外でもメールを通じて相談していただければ、微力ながらアドバイスをしてお力になりたいと思っております。
このブログには様々な内容を書いておりますので、興味のあるカテゴリごとにお読みいただければ有り難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

2022年度入試結果(3月31日現在)

  2022年度入試結果     3月31日現在

<大学受験>(国公立大学)
大阪大学医学部医学科                  1名(進学先・第一志望)
東京大学文科2類                    1名(進学先・第一志望)
東京工業大学物質理工学院                1名(進学先・第三志望)
東京農工大学工学部機械システム工学科          1名(進学先・第一志望)
筑波大学情報学群知識情報・図書館学類          1名(進学先)
横浜国立大学理工学部数物電子情報系学科         1名

<大学受験>(私立大学)
日本大学医学部医学科                  1名(進学先)
杏林大学医学部医学科                  1名(進学先)
慶應義塾大学法学部                   1名(進学先・第一志望)
慶應義塾大学理工学部                  1名(進学先)
明治大学政経学部                    1名(進学先)
武蔵野大学薬学部                    1名(進学先)
日本大学危機管理学部                  1名(進学先・第一志望)
明海大学歯学部                     1名(進学先)

(進学先以外の合格校)<共テ利用での合格はカウントしていません。>
慶應義塾大学医学部、埼玉医大医学部、岩手医大医学部、防衛医大(1次合格)、日本医大医学部(1次合格)、杏林大学医学部(1次合格)2名(うち1名進学)、獨協医大医学部(1次合格)、聖マリアンナ医大医学部(1次合格)、愛知医大医学部(1次合格)、慶應義塾大経済学部2名、慶應義塾大商学部、早稲田大政経学部、早稲田大商学部、上智大理工学部情報工学科2名、東京理科大工学部情報工2名、東京理科大理工学部機械工、明治大学商学部、明治大学経営学部、明治大学理工学部

<高校受験>
國學院高校                       1名(進学先・第一志望)
明星学園高校                      1名(進学先・第一志望)
都立杉並高校                      1名(進学先)

<中学受験>
学習院中等科                      1名(進学先)

大学受験生16名(うち国公立受験生10名、医学部受験生6名)、高校受験生3名、中学受験生2名での結果です。彼ら彼女らがこの1年を真剣に悩みながらも頑張った結果ですので、どの受験生のどの結果にも誇りを持っています。
            
                   2022年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

劇団どくんごの演出どいのさんの訃報に。

劇団どくんごの演出、どいのさんが先日亡くなられました。
胃がんの再発と闘病の日々、テント芝居の再開への徹底した取り組みの日々の中で、でした。
どくんごの芝居も、テントでどいのさんと交わした言葉も、その全てが宝物であったことをまざまざと思い出し、悲しさが溢れ続けています。

どいのさんは、とてつもなくロジカルな知性と、とてつもなく愛情にあふれる心が同居した、本当に稀有な方でした。どくんごの芝居とは民主主義そのものであるということは以前にも書きましたが、その民主主義を実現するためにどれほど苛烈な努力を必要とするか、またその努力をどれほど鷹揚に笑っては共有してくれるのか、その2つにおいて本当に話せば話すほど尊敬しかありませんでした。自身がradicalであることもただ素晴らしい芝居のためでしかなく、そのために絶えず常識を疑い探究を続けておられることが、お話をさせていただいてからのこの5,6年でも本当によく伝わりました。僕自身の甘さや徹底の足りなさ、一方で何も開くこともできていない偏狭さなどをお話しするたびに思い知らされ、本当に打ちのめされてきました。僕にとってどくんごの芝居を見る、終演後にどいのさんと話す、というのは常にこの世で一番厳しいテストの一つでした(もちろんめっちゃ気さくに何でも話していただいていたのですが、それだからこそ、です)。

この世界にどくんごが存在していて、どくんごテントが異世界として現実に屹立していることが希望でした。でもそれは、どいのさんという稀有なまさに「広場」のような方がいて、その彼の心や頭の中の「広場」で、私達も一緒に笑ったり
泣いたり遊ばさせてもらっていたのだな、ということを今は強く感じています。もちろん五月さんをはじめ、どくんごのメンバーの皆さん、受け入れのみなさんとの本当に心からの強い絆には、人間と人間がこのように結びつき続けることができるのか、という新たな目を開かせられ続けました。本当にみんなで作り上げてきたのがどくんごですし、そのみんなで作り上げる「どくんごという生き物」にこの何年かだけでも関われたことは、僕の終生の誇りです。一方で、どくんごをみんなのものにしよう、というどいのさんのとてつもなく強靭な意志と人生を費やし続けた努力があったからこそ、どくんごはそうであり続けたのだと思います。

出来のいい芝居も不出来な芝居も含めて新たなメンバーに開く努力と芝居そのものを鍛える努力を決して諦めずに続けていったその姿勢、公有地闘争の継承者としての行政との交渉、そうした諸々の苦闘の末に各地に開かれる幻想的なテントと「チープ」さ(つまり軽やかさ)、どの方向と決められることなく感情を揺さぶり続けられる芝居、その全てに感謝しかありません。どくんごの芝居と終演後に話させていただいた一つ一つの言葉を魂に刻み込み、大切に反芻し続けていきます。本当に凄まじい人生でした。どくんごとどいのさんと出会えたことを決して無駄にはしません。今まで本当にありがとうございました。

(追記)
どくんごの芝居についてはこれまでも散々書いてきました。

もちろん、僕の拙い言葉など、どくんごの作る芝居の世界の豊かさに比すべくもないのは当たり前です。それでも貧しい僕の言葉を駆使してでも、どくんごの芝居の世界の豊かさをなんとか伝えたい!!ともがいてはもがいては、どんどん長文になってしまうこれらの拙い文章の数々は、どいのさんの作ってきた作品世界がどれほど言葉を超えて豊かであったのかの一つの証になるのでは、と思っています。また、こんな拙い文章を笑って褒めてくれるどいのさんの優しさに甘えてばかりでしたが、何とかいただいてきた恩を少しでも返せるように、必死に頑張りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

宿題多すぎ・難しすぎイベントの記事のご紹介と補遺。

先日の「学校の宿題多すぎ・難しすぎ」イベントについての取材記事が東京すくすくさんで公開されました。
是非お読みいただけたらありがたいです。

中高生が大学受験に向けて勉強しよう!と考えたときにまず頼りにするのが学校の先生だと思います。しかし、その学校の先生が、基礎もまだ固まっていない中高生にとってあまりに難しすぎたり大量すぎたりする宿題を出しておいて、「これをやらないと受験勉強の力がつかない!!」と誤った方向づけをしてしまえば、それを真に受けて必死に取り組む中高生ほどに多くの時間と労力を費やしても、何も実力が身につかないことになってしまいます。

自分の学校の宿題がそうなっちゃっているかも!と感じたとき、このように教育に関わる我々専門家(と言うには僕は「何でも屋」なので、僕だけあまり信憑性がありませんが、他の登壇者のお三方はその分野の第一人者の先生方です!)ですら、しっかりと基礎がわかっていない状態で難しい問題を大量に解かせることには無意味である!!!と主張していることを是非セカンドオピニオンとして使っていただけたらありがたいです。

生徒が宿題をこなせているかどうかをしっかりと吟味し、量や難易度を絶えず調節している先生は、生徒の実力をつけるために試行錯誤を続ける信頼に値する先生です。逆に「青チャートを全部やれば大丈夫!」「フォーカスゴールドを全部やれば大丈夫!」「一対一対応の演習を全部やれば大丈夫!」など、有名で分厚い問題集をとりあえず薦める先生は、自身が大学受験指導についてよく知らないがゆえに、とりあえずみんなの知っている有名な問題集を使い、さらにはそこからレベル別に問題数を厳選したり、ということをできないがゆえに「とりあえず全部!」となってしまっているのだと判断して良いと思います。端的に言えば、どのような宿題を出すべきかに悩みがあるかないか、が見分けるポイントです。それほどに宿題を出すのは難しく、また教師が生徒一人一人の理解度を正確に把握することもまた難しいのです。

今回のイベントは数学の話に限定しましたが、このような無意味な宿題、生徒のレベルを勘案しない高望みの宿題は他の教科でも、進学に力を入れる高校あるあるです。一例を挙げれば、英文法も理解をしてもらうプロセスを省いてとりあえずNextageやVintageを宿題や小テストでやらせることで、どれほど多くの高校生が「英文法とは四択問題の答をひたすら丸暗記する勉強」と誤解してしまっているでしょうか。

中高生の勉強へのモチベーションと勉強時間は有限の、極めて貴重なリソースです。それは原油とかレアメタルとかレアアースとかよりもはるかにはるかに貴重な、人類の共有財産であるのです。それを無駄な努力に費やさせては、無駄遣いしていく、というのは僕は反社会的行為であるとすら思います。

また、先生の指示を守って結局大学受験の実力がつかなくても、先生たちは責任を取ってくれることもありません。そもそも「自分の宿題や指導がまずかったかも。。」と懊悩できる先生であれば、必ず宿題の教材選びや量、難易度などを試行錯誤し続けているはずです。こなしきれるはずもない膨大な量の宿題を出し、間に合わないので解答を写さざるをえなくなっている生徒のノートを見て深く反省しているはずです。そうなっていない以上は、その先生の指示には従わないほうがいいと思います。自分の将来は自分で守るためにも、こうした理不尽な宿題に時間や労力を費やさないよう、そして(これは学校の先生だけでなく我々塾や予備校で教える者の言葉についても同じですが)、先生の言葉を疑っては自分に必要な勉強を考えていくことがとても大切だと考えています。(そしてまともな先生ほど、中高生の「自分にはこれが必要だと思うんですが…」という相談を(仮にその提案が間違っていると判断したとしても)無下には却下しません。必ず今それをすべきではない理由を納得できるまで説明してくれると思います。)

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

向坂くじら『とても小さな理解のための』書評!?

今年7月に出版された、向坂くじら第一詩集『とても小さな理解のための』が卒塾生の詩集であるという贔屓目を差し引いてもなお、とても素晴らしいのです!ということでその詩集のレビューをいつもどおりの長文で書こうと思います。

まずはこの話から。(当分書評に入りません。申し訳ないです)
ベルクソンは我々が現実だと思っている現実というのは、あくまで現実の中のごく一部でしかないことを指摘します。そして我々はあまりにも多様な現実の中でごくごくわずかなその一部分のみを取り出して、それを現実と呼ぶことで何とか情報処理をパンクさせないようにして暮らしている、ということを指摘しています。

ベルクソンによるとそうした多様で膨大な現実の中で、我々が自分にとって現実を絞り込む基準となっているのは「有用性」である、ということです。我々は自分の生存にとってそれが道具として、材料として、その他のものとして、それが役に立つかどうかだけを考え、その役に立つかどうかという側面しか見ないことで、何とかこの多様で膨大な現実の中で情報を取捨選択して生きている、ということですね。

これは物に対してだけでなく、人に対してもそのような見方でついつい見てしまっているのが我々なのかもしれません。どのように自分にとって役に立つかだけを考えてはそれだけでついつい見てしまう、というのは私達が人を物扱いしているというだけでなく、物をもまた物そのものとして扱えているのではなく、有用性という見地から物の様々な側面を捨てて認識してしまっている、ということなのでしょう。

さて、「しまっている」と否定的ニュアンスを込めて書きましたが、「そうしなきゃ行動も生活もできないんだから、仕方ないじゃないか!!」「むしろそのように有用性だけを絞り込めることにこそ人間の賢さがあるのではないか!!」という主張もあるとは思います。ただ、このように自分の周りを自分にとっての有用性のみで意義付けし、そしてそれを「うまいこと」使って生きていこうとする、というのは人間に特有の能力ではなく、むしろ人間以外の全ての動物に見られる共通の特徴でもあります。つまり、この「うまいこと利用する」は人間を人間たらしめるものではない、ということです。

ならば、人間を人間たらしめるものはなにか、といえば知性の発達とそれ故の意識の発達により、我々が周囲の世界を有用性以外の観点から見られるようになったということであると思います。この「短期的有用性の奴隷」状態からの人間の脱却と、無駄に見えること、意味がないように見えることにも意義を見出し、それについても考えたり試行錯誤をしたり、その一見無駄に見えたことがのちのち大きな有用性を持つことに気づいた結果として、人間の文明はそもそも直接的な有用性へと敏感な本能をはるかに発達させている他の動物や昆虫よりも、より遠くへと行くことができたのでしょう。その点で、無駄なものなど何もなく、我々がとりあえず役に立たないとしているものについても、本当に役に立たないかどうかはわかりません。だからこそ、私達が自らをその短絡的な有用性の奴隷へと自らを貶めることは、単に世界観の貧しさという点で劣っているだけではなく、実は有用性の新たなる発掘という点においてもなお、人間の可能性をどぶに捨てている、と言えるのだと思います。

さて、そのように整理してみると、自らが日常の有用性に基づいて世界を狭く狭く切り取っているときに、その狭さに気付かさせてもらえる媒介になるようなものとは何なのか。その一つが芸術であり、詩であるのでしょう(ようやく詩の話になってきました!)。何かしら大事なものを日々を生きていく中では必要ないものとして切り捨てないと、私達は生活を送ることができない。しかし、それが片手落ちどころかほぼほぼ全て落としており、決してそのまま生活できていればいいや!とは思えないほどに人間の精神には自らが現実のほんの一側面しか切り取らないで生きている自分に違和感を覚える機能がある。そしてそれはまさに人間固有の「喪失感」として人間を人間たらしめてくれるものである。でも私達は自分では何を捨てているのかについてなかなか気づくこともできないし、現代社会の忙しさと高度に発達した魔法のような文明は、むしろ私達に「すべてのことをわかっている必要も考える必要もないんだよ。ただ、それが便利に使えていればいいじゃない。」という方向へと私達を飼い慣らしていきます。

こうしてみると、人間の知性から生まれたはずの「直接的有用性の奴隷状態からの離脱」が生み出したはずの我々の高度な文明は、我々自身に「直接的有用性の奴隷状態」になることを、以前とははるかに比べ物にもならないペースと圧力で要求してくるようです。有用性を最大限に利用するためには無駄なことをしている暇などないわけです(中学に入学したらすぐに大学受験のための予備校に行くように。)こうして人類の黄昏はやがてくるのでしょう。考えないで良いことは考えないようにしよう。少なくとも我々は何を考えるべきかについてはもう十分に知っているはずだ。だから、考えるべきことだけを考えれば良く、それ以外のことを考えることは無駄に過ぎない、という合理性の名の下に。

このようにして、私達は考えることに無駄すら許されなくなります。学問ですら、「競争的資金」という有用性競争によってそのような「有益な」研究を生み出せという圧力を受け続けます(そして、日本の研究機関はその圧力で壊滅的になっています)。

このような中で唯一無駄に考えることを許されているのは芸術家です(といっても芸術に国家の補助金も入ってしまっていますが)。さらにはその中でも何の役にも立たない詩人なんかはまさにその最たるものでしょう。そもそも何の役にも立たない存在として見捨てられているからこそ、無駄に考えることを許されている。それは、人間にとっての唯一の抵抗の根拠となりうるものかもしれません。


さて、ようやく書評に入れるわけですが、向坂くじらさんのこの詩集は、私達が「考えても仕方のないこと」「それはそういうものとして受け入れていること」「生きていくこととはそういうこと」に徹底的に引っかかり、違和感を述べ続けます。それはまさに、有用性を求めて生きられる生活の中で光を当てられていない世界の別の側面に光を当てるものが詩である、という詩の真っ当な定義に沿ったものであると思います。

ただ、それだけではないのがこの詩集の恐ろしいところです。この詩集は「こんなふうにも考えられるよね?」と私達の日常への狭い見方を解きほぐしてくれるだけではありません。「こんなふうにも考えられるよね?(って言わないと私は生きていけないのだ。)」というその言葉を発せねばならない詩人の必然性に満ち満ちているように感じられます。私達が有用性のもとに踏みにじっている現実の別の側面に対して、踏みにじられる側の痛みと苦しみとやるせなさとに満ち満ちているのです。それはあるいはフェミニズムという言葉で見えてくるものであったり、あるいはLGBTQという言葉で見えてくるものであったり、あるいは…。と様々です。このように行間から立ち上がる何かが、向坂さんが踏みにじられている当事者だからなのか、踏みにじられている人にどこまでも共感してしまうからなのか、またはその両方なのか、という内実はわかりません。ただ、これを可能にしているのが文学的想像力だと言えるのであれば、そして人は自らの体験からしか語り得ないとする実存主義的立場が振りかざされるのにはくっきりと抵抗している、と言えるのではないかと思います。

もちろん、我々はある点でふみにじられるminorityでありながら、別のある点ではふみにじるmajorityでもあります。どの点でもminorityである人は存在しません。それを志すこともまた、ある意味で属性によって自身の特権的言論を確保しようとするいやらしい試みでもあるわけです。むしろ私達はどんなにminorityとして踏みにじられる部分を様々な面で感じ続けようとも、自らのmajorityとしての特権性へと耐えず目を向け続けていかねば、容易に道を踏み外していきます。

向坂さんの詩を発するその必然性に、嘘がないとは言いません。想像力とは、嘘の別名であるからです。しかし、閉じる膜のような家庭に、恋愛と結婚へと結び付けられてしか語られない愛に、社会的役割によってしか定義されない自己に、生活へと取り込まれた動物の死体の摂取(食事)に、その他様々な有用性ゆえに要求される一面的解釈という暴力に踏みにじられるその痛みにこの詩人が抗議するとき、それは自分のために怒りつつ、他人のために怒っていて、そこではもはや自他の区別はないように読み取れます。

もちろん、このように読者に感じ取れるこの詩人の「切実さ」もまた、想像力の産物なのかもしれません。そこにこの詩人の実存を読み込もうとする読み方も、実存主義をひそかに導入しているという点では卑怯な論考であるようにも思います。しかし、その切実さへの想像力がもし可能であるのなら、単に作品を生み出す、詩を書く、ということよりももっと大切ななにかに繋がるものであるとも思います。その「嘘」への懸命な、祈りのようでさえあるチャレンジを、一行一行に感じることができるのではないか、と思います。

私達が有用性のために見る暇がないと思っていたものに対してただ気づかせてくれるだけではなく、それらに目を向けなければいけない切迫性にも、「そんなことに目を向けてなんかいられない!」という余裕の無さにも、どちらにも寄り添ってくれるような詩の数々です。人間は「余計なこと」ばかりを考えると同時に、人間は「余計なこと」を考えてちゃいけないと自分を追い詰めて生きざるを得ません。先に長々と書いたように、現実を有用性という側面だけで評価せずに「余計なこと」を考えられるのが人間のアイデンティティだとしても、そのアイデンティティが生み出した文明によって人間はさらに「余計なこと」を考える余裕を失うところに追い詰められてもいるわけです。その中で詩のもつ可能性は、実はとても大きなものではないか。そのことを教えてくれるような詩集だと思います。

私はあなたではない。それは絶望なのか。それとも希望であるのか。

この事実を絶望にしないためにこそ、人間の想像力はあると思います。決して届きえない手を何とか届けようと手を伸ばし続けるために。そのようにもがくすべての人にとって、この詩集は大切な本になるのでは、と思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop