fc2ブログ

嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

はじめまして。

東京の西荻窪で小さな学習塾をしております。今までインターネットには手が回っていなかったのですが、これからは、日々のこと、塾のこと、教育のこと、読書のことなどを不定期で書いていきたいと思います。興味を持っていただけるとうれしいです。また、お悩みのことがありましたら受験のことでもそれ以外でもメールを通じて相談していただければ、微力ながらアドバイスをしてお力になりたいと思っております。
このブログには様々な内容を書いておりますので、興味のあるカテゴリごとにお読みいただければ有り難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

2022年度入試結果(3月31日現在)

  2022年度入試結果     3月31日現在

<大学受験>(国公立大学)
大阪大学医学部医学科                  1名(進学先・第一志望)
東京大学文科2類                    1名(進学先・第一志望)
東京工業大学物質理工学院                1名(進学先・第三志望)
東京農工大学工学部機械システム工学科          1名(進学先・第一志望)
筑波大学情報学群知識情報・図書館学類          1名(進学先)
横浜国立大学理工学部数物電子情報系学科         1名

<大学受験>(私立大学)
日本大学医学部医学科                  1名(進学先)
杏林大学医学部医学科                  1名(進学先)
慶應義塾大学法学部                   1名(進学先・第一志望)
慶應義塾大学理工学部                  1名(進学先)
明治大学政経学部                    1名(進学先)
武蔵野大学薬学部                    1名(進学先)
日本大学危機管理学部                  1名(進学先・第一志望)
明海大学歯学部                     1名(進学先)

(進学先以外の合格校)<共テ利用での合格はカウントしていません。>
慶應義塾大学医学部、埼玉医大医学部、岩手医大医学部、防衛医大(1次合格)、日本医大医学部(1次合格)、杏林大学医学部(1次合格)2名(うち1名進学)、獨協医大医学部(1次合格)、聖マリアンナ医大医学部(1次合格)、愛知医大医学部(1次合格)、慶應義塾大経済学部2名、慶應義塾大商学部、早稲田大政経学部、早稲田大商学部、上智大理工学部情報工学科2名、東京理科大工学部情報工2名、東京理科大理工学部機械工、明治大学商学部、明治大学経営学部、明治大学理工学部

<高校受験>
國學院高校                       1名(進学先・第一志望)
明星学園高校                      1名(進学先・第一志望)
都立杉並高校                      1名(進学先)

<中学受験>
学習院中等科                      1名(進学先)

大学受験生16名(うち国公立受験生10名、医学部受験生6名)、高校受験生3名、中学受験生2名での結果です。彼ら彼女らがこの1年を真剣に悩みながらも頑張った結果ですので、どの受験生のどの結果にも誇りを持っています。
            
                   2022年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

お久しぶりです。

ブログもだいぶ間隔が空いてしまいました。バタバタと忙しい中、何とか目の前の一つ一つを乗り切る日々です。

ブログの間隔が空きやすい原因を自己分析したところ、長い内容を「その1」「その2」と区切って書こうとすると、「これを書きたい!」と思った瞬間に「でも、この前の続き書いていないしなあ。。それ書いてからか。。」と億劫になってしまうからだ、というのがよくわかりました。なので「その2」「その3」はまた気が向いたときに続きを書くか、長くてもまとめて書こうかな、と思っています。

この間、プルーストの『失われた時を求めて』を全て読み終わり、本当に様々な面で感銘を受けたのですが、その中の一節(岩波文庫版だと11巻)で「平板な内面や感情や思想のままに、どこまでも遠く、宇宙の果てにまで我々が旅をしたとしても、私達がその遥か彼方で見られるものはその平板な内面や感情に見える程度のものでしかない。だからこそ、私達は平板な感情や内面や思想を鍛えなければならないのだ。」というものがありました。

プルーストがこう書いていたのは今回初めて知ったわけですがこの言葉にはかなり思い入れがありまして、まさしく僕自身が10代から自分自身について悩み、そのような薄っぺらな自分をどのように少しはまともなものにしていくのか、ということだけをただただもがいていたときに、まさにこの言葉を恩師が文章として書いていたのに感銘をうけたことをよく覚えています。

プルーストもこう書いていたことを不勉強ながらこの年になって初めて知り、感じる気持ちは「あの名言、元ネタあったんかい!」ではなく、自分の言葉にできない悩みを何とか言い表している先人はいないかともがきにもがき続けた結果として恩師は長い長いプルーストまで読まざるを得なかったのだな、という感動でした。結局我々が勉強を生涯し続けざるを得ないのは、自分の感じたり考えたりするこの世界への違和感を人類の歴史の中で先にそれを掘り当てては苦しみ、もがいた先人がいなかったのか、という探究のためです。それは知的好奇心といった浅薄な動機のためではなく、良心的に生存しようとし続けるためには、探さざるを得ないのだと思っています。

それはまた、職業訓練や子どもの立身出世のために社会からは何となくフワフワ肯定されてしまっている「教育」という試みの副次的効果でもあると思っています。受験のための勉強をきちんと身につけていくためには、とりあえずわけのわからないまま暗記をしたり盲目的に練習することではなく、しっかりと理解し、自分の言葉で説明できるようにしていくことが一番の近道です。しかし、この近道も受験を通るため、で終わるのであればあまり大した意味はないことなのでしょう。誰が勉強ができるようになり、誰が立身出世をしようと、それが人類に新たな知見をもたらすかどうかは極めてあやしいことです。所詮は階層移動が少し活発になることくらいでしょうか。(もちろんその程度の風通しの良さすら、徐々に失われていっているのが今の日本社会ではあるわけですが)

しかし、そのように意味を考えたり自分の言葉で説明していけるように、という習慣自体はキリのないものです。そのような習慣はやがて、当たり前とされている学説、芸術、社会の有り様、人間関係その他諸々に対して疑いを持つようにさせていく力をも持っています。そのようにして教科書が書き換わり、常識が書き換えられ、社会はより包摂を目指してしんどいことも考えていくようになります。そのようにして人間は進歩をし続けるしかないのですが、その原動力、というのは結局人間の良心的生存のための探究心であり、そしてそれは「意味はわからないけどとりあえず覚えよう」というしぐさとは対極の学習習慣がその入口になるのだと思っています。

さて。僕自身も塾に通ってくれる子たちに少しでもより精密な答を答えられるようにするためには、必死に勉強をし続けるしかありません。それは受験勉強の内容のことでもあり、またこの社会や政治、学問、芸術のことでもあり、さらには死を運命づけられた我々人間という存在者が生きることを選ぶ理由にどのようなものがあるのか、という根本的なことまであります。子どもたちのその純粋で真剣な問いに、自分自身がお茶を濁した解答をしないで済むように、愚かな僕は勉強をし続けなくてはなりません。先にプルーストの書いてくれたような「薄っぺらな内面が薄っぺらな内面を疑うことなくどこまでもそれを拡張していったのが人類の歴史であり、フロンティア獲得運動である」というかなり正しい定義に対してもまた、それに疑問を感じた先人を伝え、その人達の書いた言葉を伝え、作品を紹介し、その上で我々はその(in vitro をin vivoへ、あるいは地球的常識をその外へと、延長し外挿できると信じる)一面的な取り組みの結果として発達した科学技術の恩恵を受けて豊かな生活が出来ている自分の人生をどう生き直していくのか、という難題への僕なりの答を、絶えずバージョンアップし続けていかねばならないのだ、と思っています。(ちなみに僕の人生を通じての最推し劇団、劇団どくんごのブログ名は「そのころ地球では」です!!たった8文字で、「辺境としての地球」という必要な相対化を見事に表現しているのは、さすがどくんご!としか言いようがないです!今年はそんな劇団どくんごの2年ぶりの公演が10月に鹿児島で!!)

こうした諸々を考え合わせれば、僕のような浅学非才のものにこんな難しい仕事ができるわけがない、としか思えないのですが、しかしそれは僕自身の能力とは関係なくやらねばならないことである以上、やはり死ぬ瞬間まで諦めずに少しでも自身の「平板さ」を乗り越えられるように、必死に取り組んで行きたいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

争点化というごまかしについて。その1

まずは自身の失敗談から。上の娘がお腹にいる頃、今から19年前くらいの話からです。

出産に向けて様々な準備をしていこうと色々と調べているうちに、うちの奥さんは血液型がRH(ー)なので、胎児がRH(+)だと血液型不適合妊娠が起きてしまうおそれがある、ということに気づきました。それを防ぐためには抗D免疫グロブリンという血液製剤を注射するわけですが、それを出産後72時間以内には必ず打つマニュアルに当時からなっていたのですが、妊娠中の感作を防ぐために欧米では念の為妊娠後期(28週)にも打つ(トータル2回打つ)ことが当たり前になっているということも調べていてわかりました。

一方でその頃の日本の病院ではその28週でも打つのはあまり一般的なやり方ではなく、僕らがお世話になっていた産婦人科でも出産後72時間で打つのみというやり方が主流でした。そのやり方はやはり確実では言えないのではないか、と僕が不安になり、妊婦健診で担当してくださっていた医師にも交渉をしたところ、「出身大学の産婦人科にも問い合わせて確認したが、そこでもやはり28週には打っていない」と渋られました。そこでその医師に欧米と日本でRH(ー)の血液型の存在比が大きく違うことを示した上で、「日本ではそもそもRH(ー)の妊婦の存在比が少なすぎるからこそ、たとえその妊娠後期でのグロブリン投与をしていなかったとしても問題にはなりにくいのではないか。欧米のやり方がすべて正しいわけではないが、RH(ー)の妊婦の存在比がはるかに多い欧米でスタンダードになっている方法を取るのがやはり「万全を期す」ということなのではないか。」と説得し、その医師にも了解してもらい、結局28週に打ってもらうことになりました。それが理由かどうかはわかりませんが、血液型不適合妊娠は結局起きず、無事に出産を終えることができました。(今で言えばモンスターペイシェントですね。。本当にすみませんでした。)

その後、日本産婦人科医会でも妊娠28週でのグロブリン投与はRhガイドラインで明記されるようになりました。推奨度も段々と上昇しているようで、あのとき要求したことが的外れではなかったのは(モンスターペイシェントながらも)よかったとは思っています。

というのを塾ではたまに話したりしていました。ただ、これを(お恥ずかしいことに)「俺SUGEEE!!」という自身の慧眼についてのエピソードとして話していたのですが、年を取って考え続けていくうちに、これも一種の「争点化」にすぎなかったのかな、と反省する部分もでてきました。

コストとベネフィットを比べてみれば、あそこで28週に免疫グロブリンを打たない(自費診療なので3万円くらいしました)という選択肢もある。実際にそれを打たなくてもなんともなかった可能性の方がむしろ大きかったかもしれない。安全な出産のためにはその費用ぐらい出したい!という気持ちももちろんある。とはいっても、実際に母子感作が起きたとしてもそれはその当時の医学的常識では「仕方のない」結果であったと言えるし、医療訴訟で医療ミスを争ったとしても間違いなく負けるはず。もちろん僕自身、たった一度の出産をそのように確率を考えることで「これが起きちゃったら仕方ない」と言わないためにあらゆる可能性を尽くしたかった、というのはあるとして、しかし、その「あらゆる可能性」はもっと他のことではなかったのか。たとえば病院の近くに住んで通院時の事故リスクを下げるとか(これはもちろん実行しましたが。)その他諸々あったはず。その中でなぜ、僕がこの28週でのグロブリン投与にこだわったのか。そこに母子を心配する以外の動機がなかったと果たして言えるのだろうか。

上の段落でごちゃごちゃ書いたように、僕の対応が最適解であるかどうかは(それが日本産婦人科医会のガイドラインにその後採用されてきたとしてもなお)、わかりません。そのわからないことの中で、僕がその方向性を選んだのには「これは争点化できる!」といういやらしい自己演出の動機がなかったとは言いきれないのです。もちろんその自己演出が母子の安全な出産とは矛盾する方向になされているのであれば、本当の人でなしであり、僕が基本的には情が薄い人間であるとはいえ、さすがにそこまで人でなしにはなれないのですが、しかし、母子の身体を安全へと近づける方向を徹底して目指した上で、そういういやらしい動機が本当に少しもなかったのか、様々なことを調べていてこの事実に気づいたときに、このような主張をすべきであるということを自分の存在意義として喜ぶ気持ちがなかったのかといえば、やはり、ありました。この事実に気づいたときに僕は血液型不適合妊娠による感作をどう防ぐか、という妻や子への不安や心配だけでなく、出産に関して無力な自分の存在意義を少しは見つけられたといういやらしい気持ちがありました。

このような「争点化」は虚栄心からなされるものです。そしてそれは自己の存在理由を客観性をもって主張するための格好の材料として実行されるものです。研究において、様々な論文が先行研究の中での自身の研究の位置づけを最初に主張するのもこのいやらしい「争点化」と同じです。それは必要なことであるし、またそのいやらしさを通じて人類が発達してきたということもまた事実だと思います。ただ、一方でそれが卑しい行為であることもまた認めねばならないと思っています。「誰もこれを主張していない!」と気づいたときにそれが目の前の人の幸せに繋がるかどうかだけでなく、それは社会的に意義のあることだ、ということまで考えてしまい、「争点化すべきだ!」と考えてしまう自分がまさに卑しさの塊であるのです。(もちろんこのような卑しさからでなく、義憤や問題意識からまだ社会の中で取り組まれていない課題に取り組み、虐げられているもののために命がけで人生を費やし、そして報われなくてもそのように必死に取り組み続けて道半ばでなくなっていく人もいます。研究者にもまたそういう人もいるでしょう。しかし、最初はそうであったとしても、それをずっと続けることはできません。真心や義憤、初期衝動から始まったはずの社会改良運動や研究や創作が、いかにそれ自身を自己目的化しては当初の「魂」を失った後もあたかもそれが燃え続けているかのように振る舞いつつ、続けられていくのか。ベルクソンはそのことを辛辣にも的確に書いていましたが。)

という点では研究者は全て卑しいのです(偏見)。また、芸術家だって全て卑しいのです(これまた偏見)。新しいものを探す、他と差別化する、この世界の中での存在意義を作ろうとする、ということには絶えずこのいやらしさが伴います。ということをJ.J.ルソーも『学問芸術論』で言いたかったのだと思っています(あまり理解はされていませんが)。知性というのは不誠実でいやらしく、目の前の人を真剣に心配しているときもなお、遠くを見つめているものであるのだと思っています。それ故に人間は進歩してきたという事実があるとしても、知性のこのいやらしさを正当化できるわけではありません。この知性偏重社会においては、知性が長い目で見て生み出すリターンに目がくらみ、目の前の一つ一つに対しては不誠実であることを正当化しようとしてきた、という全体の方向性なのではないか、と思います。もちろん「自然に帰れ!」と言ったって仕方ないし、そもそもそれは間違っている(そしてルソーもこんなこと言ってない)わけですが、このいやらしさ、不誠実さを結果から正当化しない、ということもまた知性がその価値を保つために残された最後の一線であるように思っています。

そしてこうした知性のいやらしさ、すなわち「争点化」への意欲は政治において、顕著な形で失敗として現れてくるのだと思っています。

さて、政治においてこの「争点化」といういやらしい動機がどのように政治をダメにしていくか、ということを書こうと思ったのですが、いつもどおりまた長くなってしまいましたので、続きはまた次回に。政治においてこそ、この「争点化」といういやらしい動機が激しく機能しては内ゲバを生み出し、どうでもいいことを争点として仕立て上げていく、ということを次回は何とか書いてみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

ゼットン。

『シン・ウルトラマン』が今日から公開!ということで、何とか時間を作って見に行きたいと思っています。ウルトラマンシリーズにさして詳しいわけではないし、特に最近のウルトラマンとかまったくわからないのですが、初代ウルトラマンには強い思い入れがあるからです。

僕は文字の読み書きを初代ウルトラマンのテレビ絵本で覚えました。幼稚園に上がる前の2歳くらいの頃だったでしょうか。僕の母親がひらがな・カタカナまじりのこのテレビ絵本で、「この文字は○○だよ〜」みたいな感じで書き込みながら教えてもらった覚えがあります。その後からは一人で本を読み始めるわけですが、この文字を覚えるために最初に何回も読んだ初代ウルトラマンの絵本のストーリーは僕の心をとても強くとらえました。

(ストーリーを知らない人にはネタバレですが)
地球を守るウルトラマンが最後はゼットンという怪獣に敗れて死んでしまい、今までウルトラマンに頼って科学特捜隊のメンバーが「自分たちは今までウルトラマンに頼ってばかりだった。しかし、自分たちが頑張ってゼットンを倒すしかない!!」と決意して新開発された武器で見事ゼットンを倒し、ハッピーエンドになるわけです。

この結末に僕はいたく感動しました。「死ねば全てが無くなる。このように感じたり考えたりしている自分すら無くなる。」ということに気づいてはひたすらそれが怖くてどうしようもなかったその頃の僕にとって、一つの生きる希望が見えたように思ったのです。ウルトラマンは敗れて死ぬとしても、その勇気や地球の人を守ろうとする心はたしかに科学特捜隊のメンバーに伝わり、彼らの依存心から彼らを脱却させ、そして死んでも彼らの心を動かしたことが、彼ら自身がゼットンを倒すという結果に繋がった。自分もこのように誰かに思いを伝えて死ぬことができるのなら、いずれ死ぬ自分の命にも少しは意味がある!!」と。(もちろん、その当時こんなにしっかり言語化出来てたわけではありません。)

そして、幼児なりの拙い言葉で、一緒にその本を読んでいた僕の母親にかなり真剣にこう言いました。

「僕もこのウルトラマンのように死にたい!!」

と。

その気持ちがわかってもらえると信じて疑わなかった当時の僕に対して、僕の母親はめちゃくちゃ強い言葉でそれを否定しました。

「何言ってるの!!!命が一番大事なの!!死んじゃダメでしょ!!!」

と。そこで僕は、自分の気持ちというのは率直に話したとしてもたとえば(この四六時中一緒にいる)母親とすらわかりあえないことばかりなのだな、ということを人生で初めて学びました。その落胆した気持ちを今でも強く覚えています。もちろんこれはある意味仕方がないことです。当時の母親を責めるつもりは毛頭ありません。

ただ、人と人とはどんなに近しかろうとわかりあえない、という当たり前の事実も、僕の人生にとってはこの時が出発点になっていて、そのわかりあえないことをどのように伝えていくか、逆にどのようにそれでもわかろうと努力していくか、ということだけのために僕は今までも、そしてこれからも必死に勉強を続けるしかないのだ、と思っています。

それと共に今の自分が今この瞬間にゼットン(?)に殺されたとしても、それでも人々に残り、何かしら考えてもらえたり動いてもらえたりしていけるような何かを伝えられているのか、というのを日々チェックしていなければならない、とも。生きるというのは難しいことです。「これを伝えられたらもう死んでもいい!」という甘えにも、あるいは「今は雌伏のときだから伝えられるか伝えられないかはとりあえず目の前を生き延びてから考えれば良い。」という甘えにも、どちらにも陥り続けないように選択をし続けていかなければなりません。

あるいはそもそも僕があのとき発した「僕もこのウルトラマンのように死にたい!」という拙くはあるけれども魂からの叫びを、僕自身があのときの母親と同じように「そうはいってもね…。」と軽視しては潰してしまっていないか、というリスクも、人を教えるという仕事をしていれば必ずつきまとうものです。目の前の彼ら彼女らの(拙い言葉を通じての)魂の叫びを、言葉の拙さや彼ら彼女らが見据えている概念や思想が僕の中にはまだ存在していないが故に反論したり言いくるめたりして、彼ら彼女らの魂を殺してはいないだろうか。このことにもまた、自信はありません。そのような失敗も実際多くしてきたのだと思います。しかし、そうした失敗に気づき、少しでも次の機会にその抑圧に加担しないためにも、必死に勉強を続けなければならない、と思っています(ということで、僕にとっては勉強は趣味や喜びではなくて、死ぬまで逃れることの出来ない義務でしかないと思っています)。

と、初代ウルトラマンは僕にとっては思い入れの強い作品なので、『シン・ウルトラマン』も是非見たいと思っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop