fc2ブログ

嚮心(きょうしん)塾日記

西荻窪にある、ちょっと変わった塾です。

はじめまして。

東京の西荻窪で小さな学習塾をしております。今までインターネットには手が回っていなかったのですが、これからは、日々のこと、塾のこと、教育のこと、読書のことなどを不定期で書いていきたいと思います。興味を持っていただけるとうれしいです。また、お悩みのことがありましたら受験のことでもそれ以外でもメールを通じて相談していただければ、微力ながらアドバイスをしてお力になりたいと思っております。
このブログには様々な内容を書いておりますので、興味のあるカテゴリごとにお読みいただければ有り難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

2022年度入試結果(3月31日現在)

  2022年度入試結果     3月31日現在

<大学受験>(国公立大学)
大阪大学医学部医学科                  1名(進学先・第一志望)
東京大学文科2類                    1名(進学先・第一志望)
東京工業大学物質理工学院                1名(進学先・第三志望)
東京農工大学工学部機械システム工学科          1名(進学先・第一志望)
筑波大学情報学群知識情報・図書館学類          1名(進学先)
横浜国立大学理工学部数物電子情報系学科         1名

<大学受験>(私立大学)
日本大学医学部医学科                  1名(進学先)
杏林大学医学部医学科                  1名(進学先)
慶應義塾大学法学部                   1名(進学先・第一志望)
慶應義塾大学理工学部                  1名(進学先)
明治大学政経学部                    1名(進学先)
武蔵野大学薬学部                    1名(進学先)
日本大学危機管理学部                  1名(進学先・第一志望)
明海大学歯学部                     1名(進学先)

(進学先以外の合格校)<共テ利用での合格はカウントしていません。>
慶應義塾大学医学部、埼玉医大医学部、岩手医大医学部、防衛医大(1次合格)、日本医大医学部(1次合格)、杏林大学医学部(1次合格)2名(うち1名進学)、獨協医大医学部(1次合格)、聖マリアンナ医大医学部(1次合格)、愛知医大医学部(1次合格)、慶應義塾大経済学部2名、慶應義塾大商学部、早稲田大政経学部、早稲田大商学部、上智大理工学部情報工学科2名、東京理科大工学部情報工2名、東京理科大理工学部機械工、明治大学商学部、明治大学経営学部、明治大学理工学部

<高校受験>
國學院高校                       1名(進学先・第一志望)
明星学園高校                      1名(進学先・第一志望)
都立杉並高校                      1名(進学先)

<中学受験>
学習院中等科                      1名(進学先)

大学受験生16名(うち国公立受験生10名、医学部受験生6名)、高校受験生3名、中学受験生2名での結果です。彼ら彼女らがこの1年を真剣に悩みながらも頑張った結果ですので、どの受験生のどの結果にも誇りを持っています。
            
                   2022年3月10日 嚮心塾塾長 柳原浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

Why?という刃。

お久しぶりです。
朝から晩まで塾にいる機会もこの直前期は増えてくるので、またブログも更新していきたいと思います。

さて、最近の生徒たちを教えているととても感じるのはWhy?という問いを出せなくなってしまっている、ということです。これは「なぜ生きるのか」「なぜ勉強するのか」といった根本的な問いについて出せなくなってしまっているのはもちろんとして、勉強をしていく際でも「なぜこう考えるのか」と考えるのがとても苦手な傾向があると思います。だから、「どうやってこれを解くのか(how)」だけを求め、それに答えてもらって満足してしまう、という印象を受けます。いわんや「どうやって生きるのか」「どうやって勉強するのか」については、ですね。なぜ?という問いを発することが枝葉についてもradicalな部分においても、すっぽりと抜け落ちてしまっています。(名城大学の竹内英人先生はこれを「how型学習からwhy型学習への転換を!」とずっと提唱されています。)

しかし、子供というのは本来、大人が当たり前としてしまっているものにまでradicalなwhy?をどんどん出してくる生き物です。それはどんなに社会の趨勢が変わっていこうと、やはりあまり変化がないのではないでしょうか。だとすると、このWhy?を子どもたちが出せなくなってきてしまっているのは、「Why?を聞いても仕方がない。そもそもそんな暇はない。」と子どもたちが教育システムなり、周りの大人とのやりとりなりの中で諦めさせられている現状があるのかな、と思います。(もちろんこの間、問題提起している「大量の宿題」「難しすぎる宿題」はまさにその典型例かと。)

一方で、教師から生徒、親から子への「Why?」というのはほとんどの場合、ひどい暴力にしかなりません。「なぜこんなことしたの?(=こんなことするな)」「なぜ勉強しないの?(=勉強しろ)」「なぜ頑張らないの?(=頑張れ)」などなど。
子どもたちはそのように、大人からの「なぜ?」は叱責であることを熟知しています。だからこそ、「なぜ?」と問われたときには身を固くして自分の非を少しもバラさないように、自己防衛モードに入るしかなくなります。教える側としては、Why?が決して叱責の意味ではなく、考え方のプロセスを聞きたいという主旨であることを何度も説明しては、そのWhy?に子どもたちが答えることは子どもたちの不利益に繋がるのではなく、むしろ勉強がしっかりと理解できていくのだ、という大きな利益に繋がるのだ、という信頼関係を地道に築いていくしかありません。あるいは聞き方を工夫して「なぜ?」と問うのではなく、「どうやって考えたの?」と聞くことで糾弾調にならないように工夫されている先生もいらっしゃる、ということも聞きました。(このWhy?のもつ糾弾性を避けるためには、how?という言葉を使う、というのがhowのみで満ち溢れ、構成されたこの社会のありようを表していて興味深いですよね。この先生方の工夫は本当に素晴らしい!と思う反面、how?に対しての子供の警戒心のなさとWhy?に対しての異常なまでの警戒心は、この社会が、あるいはこの文明がhowのみで構成されてきて「発達」していて、how?はカジュアルに問われるのにwhy?は糾弾以外には使われない、という「Why?のない社会」である、という深刻な現実を表しているようにも思います。)

最初に書いた「子どもたちが本来発していたはずの「Why?」を奪われてしまっている」というのも、上意下達の教育しか受けてこない中で、子供の側からのWhy?は教師の権威を脅かすものとして、排除されていく、ということの積み重ねでそうなってしまっているのではないか、と思います。

もちろん全てのWhy?に教師が答えられなければいけないわけではないのです。また、答えられるはずもないのです(もちろん必死に努力して勉強はしなければなりませんが)。そもそも人間の科学や文明自体が、Why?を忘れた歪な発展の中で、how?だけが積み重なっている部分だけに目を向けてその高度さを誇っているものに過ぎないかもしれないからです。EBM(evidence based medicine)などといいますが、それは効果についてのevidenceをdouble blind testで調べているだけで、なぜそれが効くのかの作用機序などわからないものの方が多いわけです。ただ、大人たちにできることは子どもたちのradicalなwhy?に対して、決してごまかさないこと、わからないことはわからないと伝えること、そしてそのwhy?を何より勇気づけていくことだと思います。それは卑近なところではその子達の成長に繋がるでしょうし、遠くを見れば人類の新たな可能性を開くものでもあるはずです。

Why?を忘れたこの世界で、how?だけが積み重なっていくのが人間の文明だとしても、しかし、個々人の学習プロセスにおいてはやはりWhy?を積み重ねていかなければそれを理解して身につけることはできません。how?を積み重ねるだけでは、受験勉強のような大したレベルでなくても、決して合格できません。この事実を絶望ととるのか、希望ととるのかは立場によるのかもしれません。ただ、僕には「我々が何かを身につけるときにはWhy?を考えねばならない」という事実は、自身の身過ぎ世過ぎのための技術や知識を身につけるための手段として有用なだけでなく、それだけが人類にとって唯一の希望、自分たちのありさまを根本から疑い直すことのできる契機を生むかもしれない希望であると思っています。

もちろん枝葉についてのwhy?を積み重ねることが、より根本的な問いへのwhy?を問うこととは切断されてしまっているケースの方がむしろ多いことも事実です。(たとえば受験勉強の中でwhy?をしっかり積み重ねて東大や医学部に入った子も、その問いが「なぜ生きるのか?」までは決して向きません。)how?に有用な範囲に限定してwhy?を積み重ねることができてしまうのもまた、人間の賢さ/愚かさであるのでしょう。しかし、それでもwhy?をコツコツと積み重ねていくこと以外には、それを乗り越える可能性もまたないのかな、とも思っています。

そうしたwhy?という刃を鍛え、積み重ねていけるように、日々鍛えていきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

劇団どくんごの演出どいのさんの訃報に。

劇団どくんごの演出、どいのさんが先日亡くなられました。
胃がんの再発と闘病の日々、テント芝居の再開への徹底した取り組みの日々の中で、でした。
どくんごの芝居も、テントでどいのさんと交わした言葉も、その全てが宝物であったことをまざまざと思い出し、悲しさが溢れ続けています。

どいのさんは、とてつもなくロジカルな知性と、とてつもなく愛情にあふれる心が同居した、本当に稀有な方でした。どくんごの芝居とは民主主義そのものであるということは以前にも書きましたが、その民主主義を実現するためにどれほど苛烈な努力を必要とするか、またその努力をどれほど鷹揚に笑っては共有してくれるのか、その2つにおいて本当に話せば話すほど尊敬しかありませんでした。自身がradicalであることもただ素晴らしい芝居のためでしかなく、そのために絶えず常識を疑い探究を続けておられることが、お話をさせていただいてからのこの5,6年でも本当によく伝わりました。僕自身の甘さや徹底の足りなさ、一方で何も開くこともできていない偏狭さなどをお話しするたびに思い知らされ、本当に打ちのめされてきました。僕にとってどくんごの芝居を見る、終演後にどいのさんと話す、というのは常にこの世で一番厳しいテストの一つでした(もちろんめっちゃ気さくに何でも話していただいていたのですが、それだからこそ、です)。

この世界にどくんごが存在していて、どくんごテントが異世界として現実に屹立していることが希望でした。でもそれは、どいのさんという稀有なまさに「広場」のような方がいて、その彼の心や頭の中の「広場」で、私達も一緒に笑ったり
泣いたり遊ばさせてもらっていたのだな、ということを今は強く感じています。もちろん五月さんをはじめ、どくんごのメンバーの皆さん、受け入れのみなさんとの本当に心からの強い絆には、人間と人間がこのように結びつき続けることができるのか、という新たな目を開かせられ続けました。本当にみんなで作り上げてきたのがどくんごですし、そのみんなで作り上げる「どくんごという生き物」にこの何年かだけでも関われたことは、僕の終生の誇りです。一方で、どくんごをみんなのものにしよう、というどいのさんのとてつもなく強靭な意志と人生を費やし続けた努力があったからこそ、どくんごはそうであり続けたのだと思います。

出来のいい芝居も不出来な芝居も含めて新たなメンバーに開く努力と芝居そのものを鍛える努力を決して諦めずに続けていったその姿勢、公有地闘争の継承者としての行政との交渉、そうした諸々の苦闘の末に各地に開かれる幻想的なテントと「チープ」さ(つまり軽やかさ)、どの方向と決められることなく感情を揺さぶり続けられる芝居、その全てに感謝しかありません。どくんごの芝居と終演後に話させていただいた一つ一つの言葉を魂に刻み込み、大切に反芻し続けていきます。本当に凄まじい人生でした。どくんごとどいのさんと出会えたことを決して無駄にはしません。今まで本当にありがとうございました。

(追記)
どくんごの芝居についてはこれまでも散々書いてきました。

もちろん、僕の拙い言葉など、どくんごの作る芝居の世界の豊かさに比すべくもないのは当たり前です。それでも貧しい僕の言葉を駆使してでも、どくんごの芝居の世界の豊かさをなんとか伝えたい!!ともがいてはもがいては、どんどん長文になってしまうこれらの拙い文章の数々は、どいのさんの作ってきた作品世界がどれほど言葉を超えて豊かであったのかの一つの証になるのでは、と思っています。また、こんな拙い文章を笑って褒めてくれるどいのさんの優しさに甘えてばかりでしたが、何とかいただいてきた恩を少しでも返せるように、必死に頑張りたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop

宿題多すぎ・難しすぎイベントの記事のご紹介と補遺。

先日の「学校の宿題多すぎ・難しすぎ」イベントについての取材記事が東京すくすくさんで公開されました。
是非お読みいただけたらありがたいです。

中高生が大学受験に向けて勉強しよう!と考えたときにまず頼りにするのが学校の先生だと思います。しかし、その学校の先生が、基礎もまだ固まっていない中高生にとってあまりに難しすぎたり大量すぎたりする宿題を出しておいて、「これをやらないと受験勉強の力がつかない!!」と誤った方向づけをしてしまえば、それを真に受けて必死に取り組む中高生ほどに多くの時間と労力を費やしても、何も実力が身につかないことになってしまいます。

自分の学校の宿題がそうなっちゃっているかも!と感じたとき、このように教育に関わる我々専門家(と言うには僕は「何でも屋」なので、僕だけあまり信憑性がありませんが、他の登壇者のお三方はその分野の第一人者の先生方です!)ですら、しっかりと基礎がわかっていない状態で難しい問題を大量に解かせることには無意味である!!!と主張していることを是非セカンドオピニオンとして使っていただけたらありがたいです。

生徒が宿題をこなせているかどうかをしっかりと吟味し、量や難易度を絶えず調節している先生は、生徒の実力をつけるために試行錯誤を続ける信頼に値する先生です。逆に「青チャートを全部やれば大丈夫!」「フォーカスゴールドを全部やれば大丈夫!」「一対一対応の演習を全部やれば大丈夫!」など、有名で分厚い問題集をとりあえず薦める先生は、自身が大学受験指導についてよく知らないがゆえに、とりあえずみんなの知っている有名な問題集を使い、さらにはそこからレベル別に問題数を厳選したり、ということをできないがゆえに「とりあえず全部!」となってしまっているのだと判断して良いと思います。端的に言えば、どのような宿題を出すべきかに悩みがあるかないか、が見分けるポイントです。それほどに宿題を出すのは難しく、また教師が生徒一人一人の理解度を正確に把握することもまた難しいのです。

今回のイベントは数学の話に限定しましたが、このような無意味な宿題、生徒のレベルを勘案しない高望みの宿題は他の教科でも、進学に力を入れる高校あるあるです。一例を挙げれば、英文法も理解をしてもらうプロセスを省いてとりあえずNextageやVintageを宿題や小テストでやらせることで、どれほど多くの高校生が「英文法とは四択問題の答をひたすら丸暗記する勉強」と誤解してしまっているでしょうか。

中高生の勉強へのモチベーションと勉強時間は有限の、極めて貴重なリソースです。それは原油とかレアメタルとかレアアースとかよりもはるかにはるかに貴重な、人類の共有財産であるのです。それを無駄な努力に費やさせては、無駄遣いしていく、というのは僕は反社会的行為であるとすら思います。

また、先生の指示を守って結局大学受験の実力がつかなくても、先生たちは責任を取ってくれることもありません。そもそも「自分の宿題や指導がまずかったかも。。」と懊悩できる先生であれば、必ず宿題の教材選びや量、難易度などを試行錯誤し続けているはずです。こなしきれるはずもない膨大な量の宿題を出し、間に合わないので解答を写さざるをえなくなっている生徒のノートを見て深く反省しているはずです。そうなっていない以上は、その先生の指示には従わないほうがいいと思います。自分の将来は自分で守るためにも、こうした理不尽な宿題に時間や労力を費やさないよう、そして(これは学校の先生だけでなく我々塾や予備校で教える者の言葉についても同じですが)、先生の言葉を疑っては自分に必要な勉強を考えていくことがとても大切だと考えています。(そしてまともな先生ほど、中高生の「自分にはこれが必要だと思うんですが…」という相談を(仮にその提案が間違っていると判断したとしても)無下には却下しません。必ず今それをすべきではない理由を納得できるまで説明してくれると思います。)

このエントリーをはてなブックマークに追加
PageTop